走るオッサン

バイク、自転車、車、Run、台湾

ランニングシューズ沼④

靴を色々試し始めてきた所で本当に自分に合った靴を選びたい!
そう思った時にあれこれネットサーフィンをしていると、アシックスの直営店アシックスプラザで靴の計測サービスをしている事を知り、実際に計測をした。

色々悩んでみたものの、靴を買い捲れば出費が増えるだけ、最高の一足を見つけてしまえば答えは早い。
この計測サービスは靴を買わなければ5000円。
買えば計測代金は不要、但し、定価で買う。
そのサービスは、まず足の形を箱で計測、サイズを決める。
そしてトレッドミルで1分程走る。
これで終わり。
トレッドミルで自分の足をスローモーションで見せてもらえて、走り方のプロネーションが判る。
素人の俺でもスローで見れるので絶対に判る。
その走り方により、モデルを選ぶという事になる。
ランニングのスピードも考慮するため、必ずベストにたどり着く訳ではないかもしれないが、フルマラソンを4時間台、時速10km程度ならば靴の選択肢が多いので問題は無いだろう。


私はかかとの外側が着地し外側過重で走っていると思っていたのだが、ビデオを見てびっくり、胴体の真下あたりでは膝が内側に回りこんでいた・・・
要するに足裏は土踏まずがつぶれるような形になり、X脚独特の走り方らしいのだ。
その場合、オーバープロミネントといい、アシックスで合う靴はGELカヤノが定番になる。
偶然にも最初に買った靴がビンゴ!だった訳だ・・・
ただ、推奨サイズが違ったのは驚いた。
アシックスの場合、通常の靴のプラス1cm(2サイズUP)が推奨らしい。
普段26の足の私は27サイズが推奨で3Eでなく2Eがいいらしい。
45年以上生きてきて、自分の推奨サイズが違っていたのは驚いてしまったが、推奨されるなら買うしかないでしょう。
定価で買うが、アシックスの靴は基本的に良心的である。
1万7千円程度で買えてしまった、ネット通販だと確かに5千円程度安いけど、悪くは無い。
本当に長く履ける靴を選んだ料金が定価との差額である。


数日後の感想は、もう他の靴は買えないわ!!!これで一生いいわ!
である。
とはいうものの、タイムも上がりつつあるのでお勧め2番目NEWYORK2000GT4も買ったけどw
調子と走り方の意識によってどちらも履いているのが現状です。
上級の靴の場合、選択肢が少ない分、ニュートラプロミネントを目指さないと後に大変な事になる(人が多いと思う)。
上記カヤノとニューヨークだが欠点を言えばデザインがダサい。
アシックスのセンスの無さは半端ないw
凄い真面目でいい靴を作るのにデザインだけは3流である。(個人の感想)
それでも、走る楽しさを味わえるようになった靴メーカーなので個人的に大リスペクト。
以来、他メーカーの靴は買ってません。
この記事は2016年の話であり、カヤノは現在は中国産です。
当時はベトナム製でクッション性はベトナムの方がありますが重いんです。
ペースをあまり上げると足が地面に吸い付きすぎて速く走り続けると若干ですが疲れやすいです。
現在の中国産は軽くなって、跳ねる感じのクッションに変わっています。
靴の沼はまだ続きますが、アシックスの直営店で一度は計測してみましょう。
超お勧めです。
ランニングシューズで判ったのですが、ウォーキングシューズで計測するサービスもありますよね、でもそういう所で買うと4万とか取られてしまうのでお勧めはこっちですね。
足型が合っても、歩き方まで計測してくれる店なんて殆ど無いもの。
足型よりも歩き方、走り方に合わせた靴の方が絶対に良いと思う。


最後にサイズを大きいものを選んでくれますが、長距離を走るとむくみ感があるためだそうです。
キツキツのサイズだと血行不良でむくみが酷くなるそうです。
ランニングシューズ沼はアシックスストアで改善ですぅ!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。