走るオッサン

バイク、自転車、車、Run、台湾

サドル沼 終着駅

途中が抜けているのですが、いきなり終着駅を載せます。
何故、終着駅かというと、サドル沼は男の尊厳を賭けた旅なので一刻を争う問題だと思うからです。
で、終着駅になるサドルは
EYES エアロエラスティク Aeroelasticです。
最初に書いておきますが、尻の痛みは私には関係有りません。
あくまでも前立腺、尿道の痛みを訴える方が対象になります。
マイナーなサドルのため、売っているのはアマゾンとヤフオク。
儲けはないけどリンクを貼っておきますね。


まず、形状ですが前がありませんwwwwwwwwww
絶対に前立腺保護は確実です。
少し幅はあるけども自転車に付けると違和感があまりないですね。
シートレールがカーボンのためでしょうかね、見た目的には合格です。

セッティングは難しいようで意外と簡単。でも難しい。
私の場合、かなり前に出しています。
サドルはハンドルに対して少ししか上げておらず、レースをやっている方とは全然違う高さです。
(TREKのDOMANEがレースより乗り心地を意識しているのでハンドルも高く参考にはならないかもです)
角度はご覧の通りレールは後方下がりにしました。
セッティングで難しいと思ったのは前後よりも傾きです。
前後も重要なのですが・・・
坐骨で支えるようにすると楽に走れますが、傾き次第ではズリ落ち、どっしり座りだと意外とパワーが出ないのと安定がない。
しかし、前後移動が楽なので乗っていてすぐにポジションを移動出来るのは○
問題になるのはスイートスポットが狭い事。
尿道で悩む人でなくても、疲れてくると前乗り気味になる、坂道でも同様。
これがセッティングで悩む一番のポイントでしょう。
自分は疲れ気味のところで一番良さそうな場所、角度を決めました。
坐骨より少しだけ後ろに座るポイントを選びました。
自分は座る場所を道路状況、疲労度に応じて変えるのでこういうサドルは難しいのですが、前に大きな穴が空いていても、必ず前立腺、尿道を痛めるのでこのサドルしかありません。。。
普段は少し前乗り気味にしたセッティングでなんとかオールマイティにこなす。
これしか方法がありませんでした、というのがオチなんですけどねwww


いやぁ、サドル沼に入った時にこれを買うか迷ってたんですが、結論から言えば高くてもいいから買え!
私みたいにこのサドル5個分ぐらい散財したら意味ないでしょう。
最初の内に買えばこんな事なかった。
見た目を気にして色々試したけど、付けてみれば変でも無かったというオチも私らしいですけどねぇ。


後はサドルの幅を狭めたモデルと丸いシートではなく、普通のサドルの後半部を割ったような形状にすれば完璧かな。
でも、現状では最高のサドルです。
これなら毎週自転車でロングライドも出来そうです。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。