走るオッサン

バイク、自転車、車、Run、台湾

ランニングシューズ沼⑤

ベトナムカヤノと中国カヤノの走り方の違い。
個人的に走りやすいのはベトナムカヤノ。
重さが100gぐらい重いのでペースを上げていくと疲れますが、クッションがいいんです。
中国カヤノは先日も書いた通り跳ねる感じでクッションが微妙なんですね。
なのでペースが合っていれば快適ですが、靴のペースと合わないとブレーキがかかるような引っかかるような印象を受けます。
足の矯正も強いような?
私はアンダーですのでニュートラルに近づけるように練習をしていますが疲れれば悪い癖に戻ってしまい、違和感が疲れのピークに来ます。
靴の懐の深さがベトナムカヤノにあるんですね。
中国カヤノは使用期限距離もあるし・・・
ソールの硬さもなんか硬過ぎ?


でも、個人の感想ですから絶対という訳でもありません。
ニュートラルになっていくとその頃には既にニューヨークGTシリーズになりますのでベトナム製になります。
そうなれば、ベトナム→ベトナムならば違和感も無く扱いやすいです。


中国カヤノが好きならば、次はダイナフライトです。
ちなみに私はダイナフライト2も持ってます。
これまた中国カヤノとは違ってクッション性で抜群に感じられますし、クッション性も格段の差。
アシックスストアの方にも聞いてみたのですが、ダイナフライト2はクッション性に拘ったと言っていました、凄いお勧めなんですけどね・・・タイムが合わなければ疲れます。


ちなみに自分の標準タイムはほぼ時速10kmです。
10kmレースでも1時間です。このタイムだとニューヨークが一番いいですね。
距離によりスピードを買え靴も取り替えながら使っています。
ってどんだけ買っているかって?
最初の1年で8足です!
自分に合った靴を買ったら買いなおしはしてませんね。


タイムに合わせて靴を履き替えると靴に走らされるようになります。
今の靴ってスピードレンジが決まってる!!
カヤノだとあまり感じませんが・・・
靴の沼って大変なんですよ。
だからストアに行くほうが早いんですわ。
ちなみに、中国カヤノはジム用になり今でも使ってますがロードでは使いません。
疲れるからw
普段はベトナムカヤノで歩き回ります。たまにスローで走る時に履きますが
ロードで走る時はダイナフライト2、ニューヨークGT2000 5がメインです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。