走るオッサン

バイク、自転車、車、Run、台湾

台南 成功大学

自分が初めて台湾の観光をした場所です。
大学が観光地なの?そう思う人は多いでしょうが、平日昼間は歩きなら一般の方も入れます。
日本の統治時代に作られたもので当時の建物も現存し使用されています。
回りにどんどん大きくなり、病院もあり、物凄く大きな大学です。
日本で言うならば京都大学みたいな感じです。
この大学は大正天皇陛下が深く関わっており、校庭に大きなカジュマルの木があり、植樹されました。
面白い話では付属中学が2つあり、第二が日本が建てたものなのです。
何故日本が先に建てているのに第二なのか?
それは後から蒋介石が付属中学を建設し第一とし日本の建てたものを第二とした・・・というなんとも情けない事情なのです。
私は台湾人に普通に蒋介石は小物であると言い続けています。
反論もあるでしょう。
ですが、台湾を最後に中国から救ったのは蒋介石でもなく、日本人なのですから。
それを隠しつつも、ある方を慕っていたんですよ。
蒋介石の統治後、228事件が勃発し、世界最長のい戒厳令が敷かれ、45年もの間台湾人は苦しめられ、初期の段階では3万人も知日派は殺害されています。
そういった経緯から私は蒋介石を信用していません。
私は台湾で日本の足跡を回っていますのでこういった建物や、日本人の神様を紹介していく事が多いです。
蒋介石の悪行を沢山紹介すると思います。


当時の台南は首都であり、現代でも様々な日本の関わる物が残っており台南と台東が親日度では群を抜いていると感じます。
私は台湾の中で台南が一番好きで5回の訪台のうち3回は台南に寄っています。
台湾は台南が一番面白いです。
ガイドブックにあまり載らない旅ですが今後とも宜しくお願いします。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。